ワンオペ育児10人のうち4人41.8%
そんな中、子どもたちの夏休みの自由課題や過ごし方は悩みの一つ。
リレーションシップ協会では子どもたちの長期休暇に野外活動や里山体験、物作り体験など多世代交流を含め子どもたちが自分の個性や得意な事を新しく見つけるお手伝いをしています。
子どもたちの新発見は私たち親にとっても頼もしく嬉しいものです。
また、保護者同士の交流会もあるので、意見交換ができ、ワンオペ感のお手伝いとなります。

※ワンオペ育児とは
配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。
母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。
「 ワンオペ」とは「ワンオペレーション」の略で、コンビニエンスストアや飲食店で行われていた1人勤務のこと。

子育て支援事業

共働き世帯が安心して仕事に取り組める為に子ども達が自主的に考え行動する放課後時間活動プロジェクト

「遊び」を通じて「学ぶ」を体験

プログラミングの考え方を身につけ、課題発見から解決能力を養う
英語を使っての遊びからあそびを通じて「学ぶ」を表現
タンスから表現能力を豊かにする

里山体験や文化体験

長期休暇を利用し、チームを組んでの里山体験や文化体験、社会体験などで子ども達独りの時間や隙間時間を減らします

コミュニケーション能力を伸ばす

子どもたちの想いを表現する場として、他社とのコミュニケーション能力を伸ばし、子ども達が生きる力を身につけるために事業領域を固定せず、さまざまな人達と連携しながら色々な体験ができるプログラムをご用意しています

「教える」ではなく「気付かせる」

”教える”スタンスではなく、コーチングを学んだコーチを中心に、子どもたちと近い存在の専門生や、大学生と共に新しい学びの場を創ります